ストライダー

strider(ストライダー)の注意点

 

ストライダーは非常に簡単で手軽なランニングバイクですが、遊ぶには注意も必要です。

 

間違った場所で遊んだり、正しい使用方法をしないと怪我や事故の元となります。

 

 

ストライダーは危険!?

 

 

はたしてストライダーは危険なのでしょうか。

 

ストライダーでの事故なども聞くこともありますが、危険性を理解せずに使用すると事故につながりかねません。

 

ストライダー自体は子供の足が動力なので、基本的にはスピードがでません。

 

しかし、子供というのは怖いもの知らずで好奇心旺盛です。

 

 

坂道で遊んでいると思わぬスピードが出てしまいます。

 

しかも公道で道には車が通り、更に保護者が見ていないところであれば・・・・

 

大事故につながってしまいますね。

 

 

ルールを守ってストライダーでの事故を防いで、楽しく遊びましょう!!

 

 

ストライダーにブレーキが無い意味

 

2〜3歳児はブレーキレバーを握る握力が備わっていないので、ブレーキが使えません。

 

また、ブレーキがあると直感的に操作できないので、幼児期には向いていません。

 

大人からすると「ブレーキを握る=止まる」というのは当たり前のように感じますが、小さいお子さんにとっては難しいことなのです。

 

 

しかし、ブレーキが無いという事はスピードが出ると非常に危険とも言えます。

 

平地でストライダーを遊んでいる分には、お子さんの走るスピード程度しか速度もでませんが、これが坂道になると話は別です。

 

スピードが出てしまい、転倒や障害物にぶつかるなどの危険が伴います。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1601394532718606"
data-ad-slot="4885943578"
data-ad-format="auto">

 

公道では遊ばない

 

そもそもブレーキがありませんので、自転車ではありません。

 

ストライダーで公道を走行させるのは、法律上禁止となりますのでやめましょう。

 

 

また、公道には自動車や通行人など危険も多いので、事故の元となります。

 

公園や夏場のゲレンデ、オフィシャルパークなどで遊ぶようにしましょう。

 

 

ヘルメット着用

 

自転車を初めて運転した時の記憶がある方は、イメージが付くと思いますが、ストライダーも同様で慣れないうちは転びます。

 

また、慣れてきても、ちょっとした操作ミスなどで転ぶ可能性がありますので、ヘルメットは必ず着用させましょう。

 

 

手や肘、膝へのプロテクターもあれば尚よいでしょう。

 

 

保護者同伴で遊ぶ

 

お子さんだけで遊ばせず、必ず保護者同伴であそびましょう。

 

また、ストライダーで遊んでいる際には決して目を離さないようにしてください。


strider(ストライダー)の注意点 ストライダーカップやパーク